沢山あって迷っちゃう車検の選び方

しっかり整備を受けたい場合

乗用車の場合、新車は3年でそれ以降は2年毎に車検の時期が訪れます。愛車に自分で日常点検を常に行っている方は意外と少ないのではないでしょうか。
だからこそ、2年に一回の車検ではしっかりとプロの整備を受けたい方は多いのではないでしょうか。そんな時は、やはり自動車ディーラーやきっちりとした認証工場や指定工場を有する中古車販売店に依頼すると良いでしょう。
こちらに車検を依頼すれば、プロの整備士によるしっかりとした法定点検と整備が受けられるメリットがあります。自動車は機械ですので、経年劣化する部品も多く、そんな部品もしっかりと交換してもらえます。他にもブレーキのクリーンアップもきっちりとしてもらえるので安心です。

最安値で車検を通す場合

自動車ディーラーで車検を受ける場合、安心できる整備をしてもらえますが、その反面もちろん費用はかなりかかります。
もし車検にかかる費用を最小限に抑えて車検を通したい場合は、ユーザー車検制度を利用しましょう。ユーザー車検制度とは全国の陸運局で実施されている制度で、誰でも自分の自動車の車検を受験できる制度です。
自動車販売店に勤めていなくても、整備士の資格を持っていなくても、勿論誰でも車検が受験できるのです。
ユーザー車検は車検に必要な税金や保険料や手数料さえあれば受験できます。検査の合格基準に達していればもちろん車検は合格ですので、最低限の受験費用だけで車検を通せます。ただ合格基準に達していないともちろん合格できませんので注意が必要です。