本当はいくら?車検の相場

わかりづらい車検費用。

車検に出すと一体どれくらいの金額がかかるのか?とてもわかりずらくて困ったことありませんか?かと言って自分で車検場に行くのも時間もかかるし、何をどうしたら良いのかもわからないし、そうなるとやはり修理工場など車検を代行してくれる所にお願いする方が簡単ですよね。車の種類にもよりますが車検には基本的にはかかる金額は決まっています。法定費用(自動車重量税、自賠責保険料、印紙証紙代、車検基本料金、24か月定期点検費用)と車検代行手数料です。法定費用はどこにお願いしても同じです。値段が変わってくるのは車検代行手数料の部分です。それ以外では点検の結果、修理工場などが推奨する修理、交換などの金額が別途かかります。

車検を出すときの決め手は?

法定費用は変わらないのであとは代行手数料とそのほかにかかる金額、一番大事な点はその工場だけで車検が完了するのかと言うことです。せっかく車検に出しても何日もかかっては認可を受けている工場ならその場で検査、点検修理して終わります。認可を受けていないところはわざわざ車検場に車を持ち込んで検査を受けるわけですから時間がかかってしまいます。ですから車検に出すときには認可工場、認可代理店なのかを確認することが大事です。また車検に出す際にどのくらいかかるのか見積もりを出してもらうことも大事です。故障や不具合がある場合は仕方ありませんが不必要な修理を持ちかけてくる工場もあるようなので必要な修理かどうかの確認もお忘れなく。